15話 美形ギャルに再び挿入(1)

俺得修学旅行

前回のネタバレはこちらからどうぞ。
俺得修学旅行 14話 巨乳と暗がりで(3)

自動販売機の前に一人で座っているルナ姉を見つけ声をかける勇太。
なんだか様子がおかしい気がする…
その時突然流暢に英語を話し出したルナ姉。
勇太には英語の意味が全くわからない!
どうやら『キャシー先生と喧嘩をした』という意味らしい。
理由を聞こうとした瞬間なぜルナ姉の様子がおかしかったのかがわかる。

勇太「ダメじゃないすかルナ姉!酒なんか買って…」

ルナ姉「開けた臭いだけで酔っちまった。捨ててきて!」

文句を言いながらも言うことを聞く勇太。
そんな勇太にちょっと語ろうと提案するルナ姉。

ルナ姉「うちもなんか居場所ねーし。おいで」

と、膝枕へと誘う。
パンツが見えてて生唾を飲み込み太ももにお邪魔する。
妙に優しいルナ姉に疑問を持ちながらも折角のルナ姉の美脚…!!
しっかり堪能しておかなければ!!と、スリスリ。
そんな能天気な勇太にルナ姉が真顔で切り出す。

ルネ姉「お前もさぁ…うちの学園の空気薄々わかってきたろ?」

キャシー先生に『三巨頭』のせいで学園の雰囲気が悪い気がする。
この旅行を機にみんなで仲良くしないか?

と、言われた事にご機嫌斜め。

以前、北条の厳しい運営方針に不満が出ていた時に
悪い意味でも目立ってた尾形とルナ姉の二人を恐怖の問題児に祭りあげたのだ。
そして生徒たちに『誰に寄り添えばつつがない学園生活を送れるか?』と迫ったのである。
生徒たちはまんまと二人を恐れ、北条側についた。
しかし、もし二人が恐れの対象でなく何かが人並みに劣る存在だとすれば…

まるでいじめだ…

そんな状態でキャシー先生の忠告通り、わざわざ相性があわない人間たちと仲良くする理由はない。

真面目な表情で自分の考えを告げるルナ姉だが左手はおちんちんへ…笑
そんな状態なので肝心の勇太は全く話に集中できない!!
せっかくルナ姉の話を聞きたいのにムラムラする一方だ!

その頃、生徒会室で篠山と逢坂の二人が北城に呼び止められる。

北城「例の調査の件…就寝前に詳細を話してもらうぞ?」

しかし勇太とうっかりHしてしまった二人は何と報告すれば良いかわからずしどろもどろ…
そして篠山は尾形に逢坂はルナ姉に妨害にあったと言い訳をする。
すると…

北条「そうか…あの負け犬の不良女が絡んでたか!」

静かに怒りを露わにする北条であった。

その頃勇太とルナ姉は相変わらずもっこりとしたおちんちんといじっていた。
やめてくださいというが面白がってやめないルナ姉。

勇太「おもちゃじゃないんですから…その、ど…どうせなら口でしてほしいな…なんて…」

そんな勇太にペットの分際でちょづくなと中指を立てるルナ姉。
自分は弟分じゃなくてペットだったのか!!と驚きをかくせない。

ルナ姉「逢坂のクサレま⚫︎こに突っ込んだのをウチに舐めさせようってのか?」

と、ご立腹だ。
でも、あれはルナ姉がそうしろって…と言い訳をする勇太だが
お構いなしにルナ姉はパンツを脱ぎ

ルナ姉「…お前がウチのを舐めろ」

と、ま⚫︎こを露わにしてきたのだ。
ルナ姉のペット!勇太いきます!

俺得修学旅行

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ