16話 美形ギャルに再び挿入(2)

俺得修学旅行

前回のネタバレはこちらからどうぞ。
俺得修学旅行 15話 美形ギャルに再び挿入(1)

ルナ「…お前がウチにを舐めろ」

突然のルナ姉からのリードに興奮する勇太。

ルナ「今し方便所に行ってきたばっかだけどな?」

勇太をあおるルナ姉。

要するに感情悪いんすね?!
それでは遠慮なく舐めさせていただきます!

勇太「今日のルナ姉ちょっとしょっぱいです」

スカートに潜り込み小便の臭いがするま??こを舐める。
ルナ「あっ!」

ルナ姉が好きな下部からの舐め上げで思わず考えが出た。
勇太の愛撫でま●こはもう愛情液が溢れてヌルヌルやる。
勇太のほうが攻勢か!?と、思いきや…

勇太「うっ?」

乗り物でおちんちんを刺激して生じるルナ姉。

そ…そんな!乗り物で…人のおちんちんを…

しかしそんな事関係ないほど気持ちがいい!
今し方こしょこしょされ続けていたぶんセンシティブになっているのだ。

ルナ「ふ~ん…乗り物でされても感じ取るんだ?ほら…透明のにゅるにゅるしたのがこんなに…」

このドSっぷりがたまらず勇太はイッて仕舞う。
き…気持ちよい…
しかし休憩する間もなくルナ姉は勇太の精液でぬちゃぬちゃになった乗り物を見せながら言う。

ルナ「尾形たちと何してるとこ見られたのか正直に言え。嘘ついたら殺す!!」

その風貌に嘘ついても本当の件言っても殺されそうだなと、想う勇太。
しかしルナ姉は姉貴以上にするどい女性…
ここで嘘付くほうがいずれ大変なことになりそうだけど…。

勇太「お…尾形さんがアレを見た事が薄い…って申し立てになったんで悪風向きでバッとチラ見せしたんです。多分そこをみられたんじゃないかと…」

ルナ「…なるほどね」

お前の姉貴がなぜ安心して代理人によこしたのかわかると、不敵な笑顔を浮かべるルナ姉。
口の傍で人差し指を出しながらいう。

ルナ「お前は…ウチのプレイの相方には格好のワルだ?」

いつもより余計にいやらしく当てはまるルナ姉にドキドキする。
ルナ姉を押し倒し大きくキスを始める。
舌と舌がねっとりと絡み合い気持ちがいい。

勇太「ペットからさらにプレイ相手に格下げすか?」

ルナ「ストレス?」

いえ、特に…と、言いながらルナ姉のま●こにちんぽを挿入する。
じゅぷじゅぷと音響を立て出し入れしながら

勇太「俺がルナ姉に必死になっちゃったらどうしますか?」

と、聞く。善がりながらサックで目覚めさせて吊り上げるというルナ姉にさらに質問する。

勇太「じ…じゃあルナ姉を必死にさせちゃったら?」

勇太の反撃がはじまる!!

俺得修学旅行

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ